« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.03

負担割り増しな猫

最近、ぱせりは2階のこたつで爆睡してて滅多に降りてこない。
その影響をもろにくらっているのがみんと。

ゆず、みんと
ゆずがべったり。

ゆず、みんと
ゆず「みんとちゃん、だいすきです~」

ゆず、みんと
ひしっ!(^^;)

ゆず、みんと
ゆず「あたたかいです~」

ゆず、みんと
ゆず「きもちいいです~」

ゆず、みんと
ゆず「おかえしです」

ゆず、みんと
ゆず「みんとちゃん・・・?」

ゆず、みんと
ゆず「なぜ、いつもすぐねちゃうんですか~(いかり)」

ゆず、みんと
みんと「み、耳元で大きな声出さないで欲しいんだにゃ~」

二階へと続くドアの前。
ときどきみんとはドアに向かい、じっとずっとドアを見つめて座っていることがあります。
きっと、ぱせりのように引き戸を開けることができたなら、自分も2階に避難したいと思っているのかもしれません。

でもね。
ドアを開けるといきおいよく2階へ駆け上っていくんですが、たいていはすぐ帰ってきて「開けてくれだにゃ~!」って鳴くんですよね(^^;)

p.s.
月別のバックナンバーですが、エントリーの並び順を昇順(新しいのが下)に変更しました。カテゴリーやトップページのエントリーは従来どおり降順(新しいのが上)です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.01.06

温もりひとり占めな猫

今年はほんとに寒い。大活躍の暖房器具に感謝。

らら
らら

ららが何をしているのかというと・・・

みるく、らら、ぱせり

ぬくぬく~とろとろ~爆睡中のみなにゃん満載なこたつ。
ごめんねと謝りながら、いきなり布団カバーをガバッ!とはがして交換中。

とっとと逃げ出したかりん、みんと。
交換完了を待ちながら、床にほんわか残る温もりに留まるぱせり、らら、みるく。

早くこたつに入りたいのは私も同じ。
別に写真を撮るために中断しているわけではなく・・・

みるく、ゆず、らら、ぱせり
らら「ほら、ぱせりも協力して!」

みるく、ゆず、らら
らら「早く出てきなさ~い」
みるく「出てこないと、いつまでもこたつに入れないわよ~」

ゆず
ゆず「だいじょうぶです。ここはじゅうぶんあたたかいです」

こたつのときもスムーズに終わったことはないのですが、その他、交換中の掛け布団カバーがやたら重かったり(推定4~7kg×n)、換え終わったはずの敷布団のシーツの下でなにやらうごめいていたりします。
そんなのって、うちだけじゃないですよね(^_^)

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2006.01.12

自覚したらしい猫

ゆず
「いっち!」

ゆず
「にぃ!」

ゆず
「さんっしっ!!」

これは・・・
ひょっとして・・・

ウェストラインのシェイプアップなのか?(笑)

もしかすると、先日の“あれ”がきっかけかも。

“あれ”
らら、ゆず
キリンさん?

らら、ゆず
「ちゃくがんてんが、ずれているとおもいます」

このときは、夜、猫トイレで珍しく強烈なのをやらかした奴がいて(苦)
耐え切れずに部屋の換気のために窓を開けました。
冷たい空気が吹き込んで目覚めたみなにゃんは、いつも大喜びで窓に突進してきます(こたつで爆睡中は除く)。

このときは窓の外に何かいたみたいです。(ゆずの反応からすると人間かな?)
へっぴり腰がかわいいと思ってカメラを手にしたのですが・・・(^^;)

最初は、つい、笑ってしまいました。いつの間にそんなお腹になったのかと。
ふと、笑い事じゃないことに気づいて、抱き上げたゆずに「みんとになるよ」と言い聞かせてみました。

昔は理解できなかったようですが、今回はわかってくれたようでうれしいです(笑)

ゆったん! みなにゃん! 頑張ろうね(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.01.14

警告する猫

ここ数日、一時の寒さが緩んでいるとはいえ、まだまだ寒い。
こたつ、こたつと言いながらこたつの側まで行ってみると・・・

らら

ららが珍しく、のびのびと気持ち良さそうにひとりで寝ていた。

みなにゃんは・・・?

そっか・・・こたつの中か・・・

私の入る余地など何処にも残されていないだろうと思いながら、こたつ布団に手を伸ばしてみる。

かりん、みるく、みんと、ゆず
かりん、みるく、みんと、ゆず

おっ! おぉ! こっ、これはっ!
真ん中。私を迎えるがごとく広がったそのスペース。

みなにゃん!ありがとう!!と喜びに打ち震えながら、ふと、こたつ脇のららを見ると・・・

らら

じっと睨んでいた。

おそらく・・・
「そこは、私が寝ていた場所。身体冷えたら、また入るつもりなんだからね!」とでも言っているのだろう。

らら。ここんとこ、目つき悪くないかい?
それはそうと、この冷たい足をそのお腹で暖めてくれるのなら、私はそれでも、いや、そっちのほうが絶対いいかも~(笑)

---追記(2006.1.15)---
猫ブログ集Nyamazonの企画「Cat Lover Blog gallery2005」に、遅ればせながら、今朝ようやく参加できました。
Nyamazon会員の方、本日締め切りですよ!って、間際に慌ててるのは私くらいでしょうね(笑)

shunさん、楽しい企画ありがとうございます(^_^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.01.16

組み合わせな猫

今年の冬もファンヒータが活躍中。灯油はとっても高いけど、点いてないと凍えてしまうからフル稼働状態だ。

それでも、まだ温もりが足りないのだろう。
みなにゃん、よくくっついて寝ている。

らら、かりん
らら、かりん

かりんは、ららのお腹に頭を突っ込んで寝るのが好き。
子猫の頃のこと思い出しているのだろうか。

らら、みるく
らら、みるく

ららお母さんは 大人気 大猫気。
怖がりなみるくも、ららと一緒なら安心みたい。

みるく、ぱせり
みるく、ぱせり
怖がり、のみの心臓、いや、繊細さでは金メダルと銀メダルのふたり。
寄り添ってれば大丈夫?

ゆず、ぱせり
ゆず、ぱせり
「ぱせりちゃんは、わたしせんようです。むだんでつかっちゃダメです。」

いいから、おとなしく寝なさい!(^^;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.01.18

びっくり目な猫

うちの奥さんがしばらく前から「薄くて軽いカメラが欲しい」と言っていた。
あまり気に留めていなかったら(^^;)、最近怒りのオーラを放つようになってきて(^^;;;;

つい先日届いたばかりのカメラ。どんな感じなのか試し撮り。

かりん
かりん

相変わらず“びっくり目”のかりん。
その視線の先を見てみると・・・

ぱせり、ゆず
ぱせり、ゆず

「かりんちゃんは、そんな“め”じゃありません。
 わたしのことをおこるときは、こ~んなかんじの、おにのような“め”をしています」

直前、私と紐で遊んでいたゆずは、大ジャンプしてかりんの鼻先に着地。びっくりしたかりんに一喝されて腰が抜けたかのようにうずくまってしまいました。いつものことですが。

相変わらず、ゆずは、かりんにだけは勝てません(^^;)

そうそう、うちの奥さんのカメラ。今のところ、私のほうがよく使ってます(^^;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.01.21

とばっちりな猫

先日出現したうちの奥さんのカメラ。1cmまで寄れる(マクロ撮影時)と書いてあったので試しに撮ってみた。
ファンヒーター前でのほほんとしていた“みんとが”犠牲猫 被写体。

みんと
「なんだにゃ~」

みんと
「うっとおしいんだにゃ~」

嫌そうなみんとにはお構いなしに撮り続ける私。
「この設定を変えるとどんな感じになるのかな?」と床に寝そべったまま、設定ボタンに指を伸ばしたその瞬間・・・

スルッ

手からすべり落ちるカメラ。
ちゃんとストラップも手首にかけていたし、床に寝そべっていたし、反射的にカメラを持ち直したから、床に落下という事態は避けられた。
落下したのはほんのちょっと。5cm位。

なにより、落下したところがとても柔らかで・・・

みんとの上(爆)

びっくりみんと。
垂直大ジャンプ。そのままこたつの上に着地。Uターンして別の部屋へダッシュ。

こたつの上。大きなコーヒーカップが横倒し。
無地だったこたつ布団も、柄入りにアップグレード(^^;)

「ご、ご、ごめん、みんと」
うちの奥さんに抱っこされて気を静めるみんとに、心の底から謝ったのだが・・・

みんと
「にいちゃんなんて、嫌いだにゃ~」

でも大丈夫。
“一晩寝たら”どころか、“カリカリ食べたら”忘れちゃったみたいです。

みんと
「忘れてないけど、許してやるだにゃ」

あまりにも私のカメラと大きさが違いすぎて、ついうっかりやっちゃいました。
ごめんね、みんと。これからは気をつけるからね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.01.24

無理だった猫

もうずいぶん前のような気がするが、お正月のこと。
みるくが鏡餅していた。

みるく

昨年末よりずいぶん上達しているのは、ららの個別指導の成果か。

これはチャンスと小さなみかんを載せてみた。

みるく

ダメ。起きちゃった(^^;)
やはり、柑橘系には敏感に反応する。

ついでに、近くで寝ていた“らら”にも。

みるく、みんと、らら

お~い、気づかないくらい背中の肉が厚いのか~い(笑)

そして、鏡開きの前。
来年こそはと、鏡餅に馴染んでもらうために、視覚的にもインプットして学習効果を高めておこうと・・・

らら
「見たくないわっ!」

来年も無理みたいです(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.01.26

分断された猫

ほんっとに、よくくっついていた“みんと”と“ぱせり”

あんまりひとかたまりになってることが多いもんだから、ふたりまとめてブラザースと呼んでいた(笑)
#ちなみに、シスターズは、“かりん”と“みるく”。あまり、くっつかないけど。

ふたりの間に、まさに文字通り割って入ったのはゆず。
分断されたブラザース。
寄り添うふたりを見かけることもほとんどなくなった。今では・・・

ゆず、ぱせり
ゆず、ぱせり
「び、びっくりしました~」

頭くっつけあってかわいく寝ていたのに、タッチの差で気配を察して起きてしまった。
でも、ぱせりの右頬と、ゆずの左目に、くっついていた痕跡が残ってる(^^;)

みんと、ゆず
みんと、ゆず
ゆず「みんとちゃんはきもちいいです~ Zzz・・・」

みんと、ゆず
みんと「こんなとこにもいい枕があっただにゃ~ Zzz・・・」

ゆっくり寝たいとき。
ぱせりは二階へ。
みんとは厚くて小さいクッションの上へ(ひとりしか乗れないから)

ゆずとのペアもかわいいのだけれども、たまには、あの白黒の寝姿を見たくて仕方ない今日この頃です。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.01.31

とても気になる猫

ん!? ようやく招き猫を習得できた?

みんと
みんと
「ハ~~イ!だにゃ」

いえいえ、実は手じゃなくて足でした(^^;)

みんと
「くんくん、くんくん。なにかちょっと匂う気がするだにゃ?
 くんくん、くんくん。気のせいかにゃ?
 くんくん、くんくん。何か踏んづけたかのかにゃ?」

うちの奥さん用のカメラ。出現以来ほとんど使っている様子がありません。
差し手がましくも、ちょっとクレームなど申し上げたところ、後日差し出されたカメラには、こんな写真が(^_^)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »