« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.03

不満な猫

ららは、よく部屋を突っ走っている。洋室からキッチンを駆け抜け居間へと。
そのすぐ後ろを嬉々として突っ走るのは茶色い毛玉(^^;)

部屋の隅まで追い詰められると急ブレーキ&鋭角ターンして戻っていくのだが、ららの手足はとても小ちゃいせいか、ときどきスリップしてしまう。

ごろごろごろ・・・

勢いのついた限りなく丸い身体が1回転、2回転、3回転。
模範演技のようなきれいな前転。

勢い止まらず壁にぶつかることもあれば、仰向けにひっくり返ることもある。
いずれにしても茶色い毛玉にふらいんぐ・ぼでぃ・あたっくをかまされてジタバタすることにはかわりない。

らら、お疲れ! いつもゆずの相手ありがとうね。

らら
らら
「ほんとに大変なの! 笑ってばかりいないで助けてちょうだい!」

いつか何かのテレビ番組で、深夜に元気な猫に「おもちゃで連続垂直ジャンプさせたら、45秒でおとなしくなりました」とやってました。
へぇ~っと、みなにゃん相手に爆裂中のゆずに試してみたら・・・
いつまでもジャンプ続けて、私のほうが疲れてしまいました(笑)
#ザッピング中にちょっと見ただけなので、私の勘違い入っているかもしれませんが(^^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.07.05

心地よい猫

いつも気持ちよさそうに寝ているみなにゃん。
ひとりひとり違うお気に入りの場所。
くーくー、すーすー小さな寝息が聞こえてくる。

お気に入りの場所も、はやりすたりがあるらしく、ときどき新たな場所を開拓したり、チェンジしたり。

「家の中で一番快適な場所は猫に聞け」と言うが、あまり猫てんこ盛りな場所は見かけない。
うちでは不思議と一箇所に固まらず、適度に分散しているようだ。
あそこもここもあれもこれも快適な場所盛りだくさんなのだろうか。

しばらく前まで大きな猫籠の中で寝ていたみんと。ただいま猫籠下段の主はかりん。
今のみんとのお気に入りはというと・・・

みんと
みんと
「Zzz・・・」

快適なのかな? 実はここ、猫トイレの隣なんだけど。まぁ、気持ちよさそうだからいいか(^^;)

寝姿をじっと見ていると、自然と微笑んでしまう。気持ちがぽあぽあする。
だからいつも眺めている。ずっと眺めている。
じっと眺めていると・・・

みんと
寝返りっ!!

みんと
み、みんと・・・男の子とはいえ、ハシタナイ。ちゃんとしましょう。

みんと
う・・・ん。まぁ、いいか。

みんと
「なんだかうるさいにゃ~ Zzz・・・」

こんな風に揃えた後ろ足、大好きです。思わずキュッキュッて握りたくなる。
でも、みんとぉ。一度でいいから(嘘)、こころゆくまでそのお腹に顔を埋めさせてくれないかな。やっぱりだめ?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.07.07

かくれんぼな猫

「ゆず~、ゆじゅ~、どこ行ったの~」

目が覚めてさえいれば「ここにいます」と鳴いて教えてくれる“ゆず”は、あいにく爆睡中らしい。

ゆずの根城はたくさんあるので捜すのも大変。
ここでもない。
あそこでもない。
ここかな? あっ、かりん、起こしちゃったね。ゴメンゴメン。
ゆず、どこだ~?

見つけた!

ゆず
c0506360

床から2m弱の本棚の上に、足先と尻尾がちらり。
カメラを持ったまま、バンザイして撮ってみた。

あいかわらず、まっすぐなゆず。ちょっと気が緩んでいるみたいだけど。
胸のファスナー開けたら、何が飛び出してくるのかな?(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.07.08

ぶち壊す猫

連日の睡眠不足がピークにきたようで、昨夜は居間でちょっとだけ・・・と横になったらそのまま寝てしまったらしい。

うちの奥さんの執拗な「布団で寝ろ~」攻撃(まるで記憶なし)に耐え抜いたご褒美なのか、枕とでっかいタオルケットが与えられていた(うっすら記憶あり)。

たぶん4時頃だと思う。お腹のあたりをちょんちょん、ちょんちょんと突付いてくる。
んん?・・・かりんだ。

端を持ち上げると、タオルケットの中にもぐりこんで、丸くなり、私にもたれて寝るかりん。
温もりが、柔らかさが、気持ちいい・・・

昼間のかりんはこんなことしない。うれしさと眠さ。
うとうとまどろみながら思い出す。

(そういえばこの前も、その前も入ってきたなぁ。)
(せっかくかりんが入ってきたのに、いつも“みんと”のヤツ・・・)
まさか!

はっ!と目を開けると、既にみんとが待機していた。

「このふくらみは何だにゃ?」(パンチ)
「このふくらみ、動くにゃ!」(パンチ)
「これは、おもしろいにゃ~」(立ち上がって両手でドン!)

たまらず、タオルケットから出て行くかりん。

そうだった、そうだった。この前も、その前もこうだったんだ(泣)

被害者-かりん
かりん

加害者-みんと
みんと

一番の被害者は私だと思う。せっかく、かりんが・・・またしても・・・
こうなったら、みんとは別の部屋、私の布団で寝てもらおう。
そして私はかりんと一緒、タオルケットで居間に寝る。
なぁんて半分本気で考えています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.07.10

落ち着いた猫

普段はかわいい顔しているみなにゃんも、猫草タイムは“顔が変”

どうしてこんなになっちゃうの?
いつもの顔からは想像もつかない形相になることもある。
そんなんじゃ、そんな顔じゃ・・・

らら
らら

かりん
かりん

みんと
みんと

猫草タイムに撮った写真をPCで見る。

これが、とぉぉぉっても楽しみなのだぁぁぁ~(笑)
「今回はどんな顔が映っているのかな」なんていつも期待に胸がわくわく。

でも、なぜか、いつも、普段とほとんど変わらないのがひとりいる。

ぱせり
ぱせり
かりんの舌出しとは、えらい違いだ。

ぱせり
みんとの「ぱくっ!」とは・・・以下同文。

ぱせり
なんとなく、お行儀もいいように思える。

マナー講座など受けさせた記憶はないので、単に写真写りを気にしているだけなんでしょうね(違)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.07.12

弱肉強食な猫

とても繊細な“みるく”はいつも慎重。
石橋を叩いて渡る性格らしく、目の前に出された猫草も、その都度十分な確認作業を行う。

みるく
みるく
くんくん、くんくん。くんくん、くんくん。くんくん、くんくん。

納得したらパクッ!。そうしてやっと次へと進む。
みるくの番だけ時間がかかる。

順番待ちのみなにゃんはじれている。
じれているけど我慢する。
みなにゃん、えらいね!

若干一名を除き・・・

ゆず、みるく
ゆず、みるく
「わたしにください!」

ゆず、かりん、みるく
ゆず、かりん、みるく
みるく「横取りしちゃだめでしょ!」
ゆず 「いらないのかとおもいました」
かりん「次、私、猫草、猫草!早く、早く!!」

譲り合い精神のらら一家。
他猫の物は自分の物なゆず。
いつの日か、ゆずが一番大きな猫になってやしないかと、ただそれだけが心配な今日この頃(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.07.16

びっくりした猫

かりん?かりんちゃん?
かりんの顔を覗き込むと、いつも何かに驚いたようなまんまる目をしている。

ほんとにびっくりしているわけじゃなく、ただ目を見開いているだけなんだと思が、私達は“びっくり眼のかりん”とも呼んでいる。

昼もびっくり眼。でも、夜のほうがもっとびっくり眼。

昼かりん
かりん

夜かりん
かりん

何にそんなに驚いているのかな?

かりん
「あれが始まるわ。あいつ。茶色い奴・・・」

目覚めと同時に爆裂しちゃうゆずを消火できるのは、かりんの多段高速猫パンチ&左ストレートだけ。
こんな真夜中に大騒ぎはマズい。頼りにしてるよ、かりん。

p.s.
喧嘩するわけじゃありません。勝負はすれ違いざまの一瞬です。
でも、ときどき爆裂×爆裂になっちゃうこともありますけど・・・(^^;)

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2005.07.20

新手の嫌がらせをする猫

私は夏が苦手だ。暑いのが嫌いというのは表向きの理由。
実は“怖がり”なのだ。夏になるとうぞうぞ出てくる“ホラー”ってのが心臓に悪い(^^;)
昨年の夏は、みるくとらら、それにみんとに手酷くいじめられた。

でも今年は、そんな気配を感じなかった。
みなにゃん忘れたのかな~今年は大丈夫そうだな~なんて油断をしていたら・・・

ゆず
ゆず
ゆ、ゆ、ゆずぅ~っ! く、く、首はどうしたぁ~っ!!

その後“首なしゆず”が走り回ることもなく、ほっとしています。
今年の夏は平穏無事に過ごせそうです(^_^)

首?ちゃんとついてましたよ。

ゆず

一枚目の写真、何度見てもよくわからないんですけど。
眼の錯覚ですよね。きっと。うん、そうだ、絶対そうだ。間違いなく気のせいだぁ(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

非常識な猫

昔から「猫が顔を洗うと雨が降る」と言われている。

そう聞いて誰もが思い浮かべるのは、
 ・きちんとお座りして
 ・片手を舐めて
 ・顔ごしごしを
 ・一心不乱に繰り返している
姿ではないだろうか。

しかし、うちで良く見る光景は。

らら
らら
「乙女はいつでもキレイキレイ」

らら
「!!」

らら
「すっぴんは撮っちゃダメって言ったでしょっ!」

らら
「いなくなったわ。まぁったく油断も隙もないっ!」

ららがきちんと座って顔を洗っているのを最後に見たのは3年位前です。
いまでは、まず「ころんと転がって」から始まるんです。

「うちのジョウシキは世間の非ジョウシキ」
そんな言葉が胸に突き刺さって・・・(^^;)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.07.21

仲良しな猫

ぱせりとゆずは、よくくっついている。

ゆず、ぱせり
ゆず、ぱせり

もともとは、引き戸を開けて2階に遊びに行くぱせりに、ゆずが「チャンスですぅ~」とくっついていったのが始まりだった気がする。

それからも、追いかけたり、飛びかかったり、馬乗りになったりと手荒いゆずに対して、ぱせりはいつも怒ることなく、軽く反撃を加える程度で受け流している。

仲が良いんだろう。どのくらい仲良しかと言うと・・・

ゆず、ぱせり
見つめ合うふたり

ゆず、ぱせり
もっと見つめ合うふたり

ゆず、ぱせり
もっと深く見つめ合うふたり

ゆず、ぱせり
あれ・・・?

ゆず、ぱせり
ゆず「わたしのかちです~。めをそらしたらダメですぅ」

いつもこんな感じで遊んでいます。
ぱせり受難の日々は当分続くようです。それなりに幸せを感じているといいんですが(^^;)

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005.07.22

見抜いている猫

かりんの横顔が好き。
性格はまるで違うが、鼻先があまりひゅんと尖ってないところは黒猫くーちゃんと一緒だ。

かりん
かりん

しか~し、かりんの場合、その下が問題。
どうして、こういう座り方をするようになったのやら(^^;)

かりん
かりん「失礼ね! べぇ~~~だ」

ふぅ~・・・(ため息)

かりん
かりん「ここだけの話。あんなこと言っているけど、私のこと大好き!って思っているの知ってるわ!」

かりんのお腹を撫でているときのふんわり感は、それはそれは気持ちいいのです。
それを越えるのが抱っこしたときのまったり感。至福の時(^_^)
しかしながら、今のところ10~20秒が限度で「ひゃうあう」て鳴いて訴えます。もうちょっと抱っこさせてくれるとうれしいのですが・・・
まさか、出し惜しみ?(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2005.07.31

満喫した猫

お久しぶりのととハウス。
一年ぶりのととハウス。
みんとの大事なととハウス。

ずっとやってなかったのを、ふと思い出した。
もう入らない(入れない)だろうな~と思いつつも心を込めて設置(笑)。

すると昨年よりも一回り大きくなったみんとが、いそいそと潜り込む。

みんと
みんと
「大丈夫にゃ。余裕で入れるにゃ!」

なんだか無理してない?と苦笑してたら、なんと・・・

みんと
爆睡!(^^;)

でも、やっぱりちょっとあれだったようで。

みんと
はみ出し(^^;;;

みんと
だから、みんとぉ。
ちょっとそれは、見ようによっては怖いからヤメテくれないかなぁ(笑)

昨年、ダンボール破壊が大好きなみなにゃんの中にあって、みんとが大事に大事にしていたととハウスは誰にも齧られることがありませんでした。

今年。ゆずには通用するはずもなく、毎日部屋中に細切れが(^^;)
でも大丈夫です。ととハウスは夏は頻繁にやってくるのです。待っててね。みんと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »