« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.01

好奇心旺盛な猫

ゲームしている私を不思議そうに見上げていたみんと。
うちの奥さんがそうだったように、やってみなければ面白さがわからないはず。

「みんと。やってみる?」

みんと-コントローラ操作中
みんと

指が短くて操作しにくかったのだろうか。

みんと
「もういいにゃ」

面白さが分からなくて、良かったかもしれない。
日中、うちの奥さんとみんとがゲームの取り合いをしてたら困るもんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.02

疑惑の猫

前回のあらすじ・・・崩壊のぱせりがペーパーで逮捕。

(続き)
のこのこと戻ってきたために捕らえられたぱせり。
犯行現場に現れたこと、常習犯であることから誰もが事件解決を確信していた。

しかし、静まり返った犯行現場に忍び寄る黒い影がもうひとつ。

かりん

「あれは、か、かりん・・・」
まさか・・・信じられないという驚きと、もしかしてという疑惑が交錯する。
しかし、真実はひとつ。真犯にゃんはひとり。真相は解明せねばならない。

「犯にゃんは、かりんなの?」

「なんですって! 私じゃないわ!」
かりん
激しく首を振って否定するかりん

プライドの高いかりんには、この質問がいたくお気に召さなかったらしい。

かりん
「なんで私がぁっ!!」

かりん
「むかつくわ~」

荒れ狂うかりん。誰もかりんの暴走をとめることはできなかった。

そして、嵐の後・・・
かりん

「私は全然悪くないわ。むしろ被害者よ」

散乱する残骸のなか、たたずむかりんと私。
しかし、ふたりとも、この後にもっと激しい嵐が吹き荒れることを予想しておくべきだった。

・・・うちの奥さんの足音が近づいてきた・・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.12.04

迷惑だった猫

真夜中。べるは2階、らら一家は1階で寝る。お互いの身の安全と安眠のため行き来は出来ないよう扉は閉ざしている。
みんととぱせりは2階で寝ることも多いが、必ず5時位に「1階にいれて欲しいにゃ~」と騒ぐので、6時5分の起床時には、らら一家は1階に集結している。

みんと(左)、ぱせり、みるく、らら
みんと、ぱせり、みるく、らら

たいていは、こんな風にこたつ布団の2辺に仲良く並んで寝ている。姿の見えないかりんは、定位置のこたつの中だ。

しかし木曜日の夜、私はへろへろだった。
やっと仕事がひと段落。時計は既に2時を回っている。お風呂もこれから。
ちょっと温まろうとこたつに足を突っ込んだら、気が緩んだのか、なんだかもうどうでも良くなってしまい、

「こたつで寝てしまおう・・・」

朝。目覚ましのベル。
すぐ近くにららの顔。
「らら、おはよ~」と手を伸ばして頭を撫ぜる。抱きしめようと身を乗り出した私の目には・・・

みんと(奥)、ぱせり、みるく、らら
みんと、ぱせり、みるく、らら


思わずこたつを出て、正面に回ってみた。

きしゃきしゃ、しゅっぽしゅっぽ、しゅっぽしゅっぽしゅっぽっぽ
みんと、ぱせり、みるく、らら

満員、きつきつ、数珠つなぎ

私が1辺取っちゃったから、猫口密度が倍増してしまったらしい。しかも、こたつ好きなかりんまで、椅子の上に避難していた。

みなにゃん、ゴメンね。もっと大きなこたつ買ったから、こたつ布団が届いたらみんなで一緒にゆったり寝れるね。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2004.12.05

礼儀正しい猫

質実剛健タイプのぱせりは、毎日筋トレも怠らないし、必要以上に食べることもない。
らら一家には珍しく、腰の“くびれ”も持っている。
私の顔を見ると必ず挨拶するし、どちらかというと体育会系のようだ。ぱせりは。

ぱせり
ぱせり
起立!

ぱせり
礼!

ぱせり、らら
着席!

「グキッ!!」

ぱせり「あっ!」
らら「くっ!首がぁっ!!!」

えっ!! ららに首があった!?

そうそう、ぱせり。私に出くわした時の挨拶ねぇ、あれじゃ悲鳴にしか聞こえないから、もうちょっとなんとかならない?
それに挨拶はいいんだけど、直後にギャロップで逃げていくのは、なんでかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.06

お邪魔な猫

いつも皆にゃんがたむろっている窓辺の端には、雑誌等を収納するラックがおいてある。
このラック、好き勝手に雑誌を突っ込むので乱雑でとても見苦しい。写真を撮るとき、フレームに入らないよう注意しているのだが、ときどきボツ写真の原因にもなってしまう。

片付けるときに、きちんと仕分けて入れればいいのだが、ついつい・・・
うーん・・・
そうだ! どんなに乱雑でも見えなきゃいいんだ(^^;)

というわけで、蓋付きのボックス(?)を、ついでに3つ注文。そして到着。
早速、組み立てに入ったのだが・・・

「なぜ、わらわらわらわら寄ってくるのぉ~!
「こらぁ~、匂いを嗅ぐんじゃなぁい~
「ほらぁ~、鼻水ついちゃったぁ~
「あぁっ~、入っちゃダメ~

らら一家総動員。
「みなにゃん! 邪魔ぁぁぁぁぁ!!

残念ながら、そのときの“邪魔にゃん”な写真は撮り忘れた(しまったぁぁぁ~)のだが、猫と暮らしている方はその光景が容易に想像できるだろう(^^;)

今回は、組み立て終わって設置する前に、“ちょっとだけ遊んでいいよ~”していたときの写真をいくつか。みんなブレブレなんですが(^^;)

みるく(左)、みんと、ぱせり
みるく、みんと、ぱせり

ぱせり(左)、みんと
ぱせり、みんと

みんと(上)、ぱせり
みんと、ぱせり

重量級みんとが飛び乗ったもんだから、「潰れたらどうする!」って文句でも言っているのでしょうか(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.07

待ちくたびれた猫

諸般の事情により(^^;)、大き目のこたつを増設することになった。

はっきりいって、ぶっとく育ったらら一家全員がこたつに入ったら、私たちの入る余地などありはしない。
いや、いまや、らら一家だけでも窮屈なようで、ときどきこたつから自然に押し出されてくることもある(笑)。
ふっと気づいて、また潜り込んでいく様子を見るのもなかなか楽しくはあるが、もはや75×75では足りないのだ。

そして、いままで使っていたこたつは、子猫の頃から“こたつ猫”だった2階のべるのものになる。
ここに越してきてから1階出入り禁止となり、こたつなしで寂しくふた冬を越した“べる”にもようやく春が来る(冬だけど)

みんな待ってたこたつ。
べる用のほうも、こたつ布団カバーを新調(ららの匂い付きはマズイ)して準備万端。

こたつ本体(大)は、先週の火曜日に来ている。
こたつ敷きも大小揃っている。
こたつ布団カバーも大小ある。
こたつ布団・・・大が・・・

あとは大きなこたつ布団だけなのに、それが来ないとどうにもならない。

宅急便!と喜んだら、2枚目のカバーだった。

らら-こたつ布団じゃないの? こたつ布団はいつ!!!
らら

お願いです、こたつ布団さん。早く来てください。早く来ないと、ららのプレッシャーに押しつぶされそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.09

見張り台の猫

ラックの代わりの収納ボックス(?)を窓辺に置いたのは失敗だったかもしれない。

1. 収納ボックスには天板があって乗ることが出来る。
2. ボックスは窓辺より高い位置にある。
3. 猫は高いところが好き

窓辺でたむろっていたみなにゃんは吸い寄せられ、収納ボックスは“見張り台”と化してしまった(^^;)

らら
なんだか、すっごく偉そうな“らら” 天下取った気だろうか。

かりん
かりん、その手がかわいい。

かりん
いや、照れなくていいから(^^;)

みんと
みんとぉ、静かに乗ってね。ちょっとちょっと~、天板がたわんでない?

ぱせり、みるく
次は、ぱせ・・・みるくは次でしょ!

みるく
お待たせ、みるく・・・みるく、ほら、拗ねないで! ね!

みるく
まだ怒ってる?怒ってない?
みるくは素顔が恐いから、どっちだかわかんないや(^^;)

設置後2ヶ月近くたちましたが、いつもこの上で誰か寝ています。(寒いとき除く)
狭い(ボックス)&広い(みなにゃん)なので、ひとりでも満員状態ですが、暗黙の了解なのか、交代で乗ってるようです。

こんな光景を目撃しました。
乗っかって満足そうにしていたかりん、近づいてくるみんとに気づく。
かりん、思いっきり耳伏せて「シャー」 激しく威嚇。
バトル?と思ったら、あっさりと飛び降りて場所を空けるかりん。
交代で乗っかって満足そうなみんと。

う~ん、譲り合いの精神ってホントに素晴らしい!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さたでーないとな猫

見張り台”となった収納ボックスだが、座り方が だらしない 個性的な“かりん”は、ここでも 普通じゃない 旺盛なサービス精神で・・・

踊っている?

かりん
イントロ。ポーズをとって静止。

かりん
ミュージックすたあと。

かりん
「キメッ!」ポーズ

かりん
ためて~

かりん
「キメッ!!」

かりん

かりんの決めポーズはバリエーションが少ない。以前はあん馬って言ってたような気もする(^^;)

でもね、いつも楽しませてくれてありがとね。
お礼に、そこはかりんがいるときだけ“お立ち台”って呼ぶことにしようね。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2004.12.12

水質汚染な猫

うちには4箇所6個の水飲み場がある。キッチンワゴンの横、カリカリが置いているところに2つ、キッチンカウンタ(?)の上!?にも2つ、洗面所と2階の猫食堂(笑)にひとつづつ。
器も様々で、オーソドックスなステンレス製やプラスチックのコップ、なぜか、タッパーなんてのもある。
これじゃないと嫌!な猫、どうでもいい猫。好みが違うのもなかなか面白い。

一年以上前のことだが、器の中、水の底にゴミが沈んでいることに気づいた。それも頻繁に。
通常、夏は数時間おき、冬は6時間おき位で水を交換するのだが、こぼさないよう回収&配送(^^;)するのも意外と大変で結構面倒臭かったりする。ゴミ混入で交換頻度up、手間up。めんどうじゃ(^^;)

掃除不足でゴミ舞い上がり?とも思ったが、隣り合った器の片方だけに入っているのも不思議。
あれこれ考えていたけど、その後すぐに答え発見。

ぱせり-おみず、おみず、おみず、パチャパチャ・・・
ぱせり

ぱせり-のどカラカラ、いっぱい飲むんだ、おみず・・・
ぱせり

そう、ぱせりは水を飲むとき、水の中に片手を入れる。
よく見ると、水に浸した肉球を舐めているような感じだ。
こんなことするから、手に付いたゴミが器の中へと。

なぜ?
どろっぺ日記とってもかわいいブンブンちゃんのように、手で水をすくって飲んでいるのなら、まだわかる。
ぱせりの行為の必然性がさっぱり理解できない。

ぱせり
「必然性・・・?」

ぱせり
「にいちゃんには理解できないと思う」

まぁ、とりあえず、うちの水飲み場の回転率は一年を通じて高いです。あぁ、めんど~。

だいぶ前、ブンブンちゃんの動画を見て「ぱせりもやってる!」と喜んだのですが、肝心の写真が撮れずに時だけが流れ(^^;)
やっと、なんとか、ようやく、写真が撮れました。ちと、いまいちですけど。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2004.12.15

お食事タイムの猫

日中のおやつタイムはカリカリだが、朝夕のお食事タイムは猫缶だ。
一緒に生まれ育ったはずのららっ子も、大きくなるにつれ食べ方に個性が出てきた。

みんとは食べるのが早い。よーいドン!で食べ始めても、いつもぶっちぎりの独走態勢。皆のペースがあがってきた頃、すでにゴールしている。
ゴールしたみんとが何をしているかというと・・・

みなにゃんが食べ終わるのを待っている。
食べ残しを狙っているのだ。みなにゃんが食べ終わった後、仕上げをするのはみんとの日課。

ごくまれに、食べ残しが出ないこともある。
そんなとき、悲しみのあまりみんとは強硬手段に出ることだってある。
普段はひかえめなみんと。食べるときだけは性格が変わるみんと。

かりんはつまみ食いだ。ちょっとだけ食べたら、“さぁ、二次会に行くわよ!”と歩き出す。
私達は、すぐに食べかけのお皿を持って、かりんを追いかけ目の前に置く。そうすると、かりんは腰を落ちつけて食べ始める。恒例のパターン。定常業務。

どうやらかりんはカリカリの方が好きなようで、お食事タイムも後半になると、猫缶を食べ残してカリカリ場にいき「ひゃうあう!」と鳴いて催促する。
当然、食べ残しはみんとのもの。振り向くとみんと。いつもみんとはうれしそう。

いつものことだから、みんとは、かりんを待っている。ただひたすらに待っている。
待ちきれなくて、つい聞いてしまう。

みんと(左)、かりん
みんと、かりん
みんと「まだかにゃ?」
かりん「ほんっと、毎回うるさいわねっ!!」

いつものことだから、かりんは・・・
いつしかかりんは・・・恐い顔して食事するようになってしまった(^^;)

みんと!責任とりなさい!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.18

重かった猫

ちょっと前に、TOKIKOさんち(さくらびより)で、さくらちゃんが夏の装い、冬の装いを披露していた。う~ん、ゴージャス!
うちの猫たちは短毛だ。短毛でも夏毛と冬毛はあるはずだ。たとえ見た目に違いはなくても、きっとあるはずだ。

NONさんち(ねころぐ)でヴィトン君BOSS君シャネル君が体重測定しているのを見てピンときた。
9月に量った体重と今の体重を比べれば、その差がすなわち夏毛と冬毛の差であろう!!

というわけで、いきなりの体重測定。もちろん強制。
全員一気に体重量るのは大変。他の猫はそうでもないが、かりんとみるくが難関だ。
いつもはちょっとだけならおとなしく抱かれるのに、体重計に乗ったとたんに“のたくりのたくり、ぐりんぐりん”
この体重計、数秒間静止しないと数値確定しないから、もうなんというか、修羅場?
やっぱり女の子。体重を公表されるのは嫌だったのかもしれない。

そんなこんなで結果は以下の通り。冬毛の重さと、ついでにもっと昔との比較。こちらは純粋に成長記録かな。

表記は、名前 現在の体重(3ヶ月前との差、1年8ヶ月前との差)

べる 5.2kg(+0g、+400g)
c0411517

今回一番軽かったね。ひとりだけ小さいお皿を使っているからかな?

らら 5.4kg(+0g、+400g)
c0412026

べると増加の数値が全く一緒。こんなとこまで張り合わなくていいのにね。
ところでらら、だんだん直方体になってきてない?

かりん 5.8kg(+200g、+2,000g)
c0412027

相変わらず食事時には形相が一変するかりん。
うわ~、あれから2kgも増えたのね。どうりで抱くときのお腹がまったりまとわりつくわけだ。

みんと 6.6kg(+200g、+1,400g)
c0412143

ほらほら、他にゃんが食べこぼしたのまで、一生懸命に拾い食いするから・・・
あなたが“ちゃんぴよん”(泣)

ぱせり 6.2kg(+600g、1,000g)
c0412131

なんと、ぱせりの冬毛は600gもあった。
見た目わからないけど実は長毛種だったらしい。
え~と、また夏毛になったら5kg台に戻るんだよね?

みるく 5.4kg(+200g、1,800g)
c0411296

ありゃ、みるく。一番ちっちゃい子じゃなくなったね。
はいはい、みるくが毎日訴えてくるのに、私が遊んであげないからだよね。

最近、みなにゃんとの遊びの時間が少なかったので、ちょっと運動不足してるかも。
今晩、そして明日、思いっきり遊ぼうか。そして、食事は少なめでネ(^^;)

p.s.
NON@ねころぐさん。お忙しいところ、トラックバックしてごめんなさいです。m(..)m
エルメス君の測定結果まで待とうかとも思ったんですけど、珍しく全にゃん一気に量れたので(^^;)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.12.21

知恵を絞ってみた猫

三段腹だとか折りたたみ式だとか言われたみんと。
相変わらず“お腹いっぱいで幸せだにゃ!”な生活を送っているとばかり思っていたのだが、実はあれから努力していたらしい。
みんと用のカリカリを“ライト”なの“だけ”にしようかと話していたのを、こっそり聞いてて奮起したのかもしれない。
訴えるような眼差しを向けてきた。

みんと

「にいちゃん。だいぶ、おなかがスッキリしてきたにゃ。
 毎日のフッキンの効果が出てきたにゃ。
 これからも続ける気にゃ。
 ところで、ライトは好みに合わないんだにゃ。
 頑張るから、いままで通りのカリカリにしてくれだにゃ」

一瞬だけ目を疑いそうになったけど・・・
あ~、みんと。ちょっと、真っ直ぐ立ってみてごらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.22

不本意だった猫

ららとみるくが寄り添っていた。このふたり、間違いなく親子!な柄しているもんだから、ときどき見間違うこともあったりする(^^;)

こういう風に一緒に仲良くしているところをずっと見ていると、自然と顔も気もイライラもこわばりも、なにもかもがゆるんでくる。
そして、こんなとき私はよく話しかける。くーちゃんとは会話が成立していたけれど、みなにゃんとはまだまだ。ときどき余計なことまで言ってしまうようで・・・

らら(上)、みるく
らら、みるく
私「らら、鏡餅の練習かな?」

らら、みるく
みるく「えっ? 何?」

らら、みるく
みるく「か、鏡・・・餅!?」

らら、みるく
みるく「そんなの、嫌~~~~っ!!」

らら、みるく
みるく「私が下の方の餅なんて納得できないわ~~~~っ!!」
らら「あ、あきらめなさいっ!」

らら。あなたは“ひとりで鏡餅”できるんだから、みるくを巻き込むのはやめなさいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.23

おとなしく待てない猫

以前より何度か触れていた“こたつ拡張計画”
最後にこたつ布団も届き、ようやくおぺれーしょん・こんぷりーと(^^;)
いまでは、毎日こんな状態。

らら(左)、みんと、ぱせり、みるく、かりん
c0412128

とはいえ、例によって我が家のこと。スムーズに設置完了とはいかなかった。

みるく
c0412037

この状態では、さすがのこたつも“猫またぎ”状態。

組み立て終わって設置。こたつ布団をかけようと振り向いた隙に、もう・・・
油断した。
猫は高いところが好き。たとえコンマ何mmでも高い位置が好きな猫たちの前に、無防備に置いちゃいけなかった。

みるく(上)、ぱせり、みんと
c0412040

狭いスペース。一番乗りはぱせり。
みるくとみんともあきらめちゃいない。ふたりでぱせりを攻める。

c0412043

結果的に、ぬぉ~っと立ち上がったみんとに気をとられたのがぱせりの敗因。
ぱせり「あっ、みるく!ダメ!!」

c0412045

なぁんて振り向いちゃったもんだから、結局みんとにも乗られ、満員満員。

この状態から「こたつ布団かけるよ~、降りて~!」

みるくを抱いて降ろす。
ぱせりを抱いて降ろす。
みんとを抱いて降ろす。
みるくを抱いて降ろす。
ぱせりを・・・?

あれ?
え~っと・・・?
「乗るなぁ~!下りなさ~いっ!」

そんなこんなで、ようやく作業終了。
最後のチェックは、やはりこの方がやるらしい。

真打ち登場。こたつの主“かりん”
c0412051

こたつと言えばかりん。かりんと言えばこたつ。やはり一番乗りの栄誉はかりんだろう。
私も、おそらくかりん本人もそう思っていただろう。しかし・・・

右隅をよっく見てみると・・・

c0412050

ぱせりぃ・・・かりんにばれたらヤバイんじゃない?

p.s.
右に写っている破れ障子は無視してください(笑)
強化装甲化は駐車場側の障子のみなので、こちらは通常仕様のまま。
だって・・・滅茶苦茶高いから(^^;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.12.26

心証を害した猫

また、妙な物体が視界に入った。うちではよくあることなので、こういう場合の手順は確立している。
まずは、すみやかにカメラを取り出し、とにかく撮る。急いで何枚か撮る。

重要なのは、撮る前に“考える暇はない”ということ。そういうことは後回しにして、とりあえず撮る。その後で、じっくり撮りながら、ゆっくり考える。

「これはいったいなんだろう」

これ
ぱせり

トレードマークの口元隠すとわかりにくいけど、これはぱせり。
ららではない。身体が引き締まっているから。
みるくでもない。首が太すぎる。
そう、ぱせりは下から見ると白。上から見ると黒。模様もなんだか・・・一言で言うと「黒インクを浴びてしまった白猫」(^^;)

誰?というのはわかるのだが、何をしているのかというと・・・う~ん、聞いてみよう。

私「ぱせり。 ぱせりっ? ぱっせっりっ!?」

ぱせり

ぱ「Zzz・・・・・・・!! ねえちゃん何?」
私「こっち。ねえちゃんじゃなくて、にいちゃん。こっち見て、こっちだよ」

本にゃんの弁によると、寝ていたんじゃないそうです。足の爪をお手入れしてたそうです。
でも、私を無視していたので“居眠りしてた”ということにして“20秒抱っこの刑”にしてしまいました(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.28

取り繕う猫

し、しまったにゃ。ぽんぽ~んって勢いつけて飛び乗らなきゃいけなかったにゃ。
こんな風に止まっちゃったら・・・この体勢からでも大丈夫かにゃ~? ちょっと自信ないにゃ~

あ~、にいちゃんがカメラ構えているにゃ~

もし、失敗したら絶対マズいんだにゃ~
どうしようかにゃ~、やめようかにゃ~
でもやめたらやめたで、なんか言われるにゃ~

そうにゃ!
「背筋を伸ばしたかっただけ」で「飛び乗るつもりじゃなかった」っていうのはどうかにゃ?
「子連れ狼の拝一刀に憧れた」という手もあるかにゃ。
あっ!
HI-KOさんち(☆猫な気分☆)のミーアにゃんこに仲間入りするために特訓中ってのがいいにゃ!
・・・やっぱり、バレバレかにゃ~?

みんと
みんと

みんとが固まっていた。たぶん、こんなこと考えて悩みまくっていたんだろう。

みんとはよくこんな感じ立ち上がっている。

みんとの立ち姿は、どこか面白くて、とっても好き。
がちゃがちゃした模様、ピンと立った棍棒のような短いしっぽに、精一杯伸ばした短い足。

ガラス扉に手をついて「開けてくれにゃ~」を扉越しに見るのはとっても楽しいけれど、壁に手をついてば~りばり爪を研ぐのはやめてね。みんと。(^^;)

・・・・・・
ミーアにゃんこに参加したくて待ち続けているんですが、うちで唯一ミーアキャットやってくれる“べる”は非協力的。
“直立みんと”に期待したんですが、手をついてるようじゃまだまだ程遠いです。いつか正式参加できることを信じて、今回は途中経過の状況報告ということで(^_^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.29

八つ当たりされた猫

今日からお休み。連休中にやりたいことはたくさんある。
増え続ける猫写真のため買ってきたHDD。ついでにこっちをマスターにしてクリーンインストールもしたいし、猫と遊びたいし、封を開けてないDVDも見たいし、猫と遊びたいし、封も開けてないゲームもちょっとはしたいし、猫と遊びたいし・・・

しかし、やりたいことの前に、やらなければいけないことがある。

ひとつは大掃除(推定)。ただし、今のところうちの奥さん何も言わないから、墓穴を掘るような真似だけはしないように注意しなければならない。

もうひとつは・・・年賀状だ。
毎年毎年除夜の鐘を聞きながら「来年こそは早く出す!」と誓いながら書いている。
でもまたこんな時期。とりあえず今年は一日でも二日でも早く書いて、来年こそは締めに間に合うようにしたいと思う(ステップアップって奴?)

でも、年賀状書き・・・気が重いんだよな。つい「○○やったら書こう」とか、「××やったあとに必ず」とかズルズル(^^;)
そんな葛藤(^^;)している間は、のんびりのほほん組に八つ当たりしたくなる。

らら
らら
いつもの姿勢で気持ち良さそうにおやすみ中。
ここは後ろにファンヒーター、前にはこたつ&テレビの特等席。なぜだかうちの奥さんの指定席だったりする(笑)

「らら! あんたは年賀状書いたの!!」

らら
「はっ! 書いてないわ」

らら
「子供達はどこ? 書かせなきゃ!・・・ところで年賀状って・・・誰に?」

ららは、天敵のべるに出したらどうかな?
来年の抱負「みんな仲良く」に向けて雪解けムードをかもし出そうよ。

“旧年中は世話になったな。今年もよろしく”とかなんとかでいいと思う・・・

んっ? ちょい待ち! それじゃ、なんか違う意味に取られそうな気がするぞ!
いや、違うって。表書きは“果たし状”じゃないって(^^;)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004.12.31

無意識だった猫

カリカリや猫缶にも流行があって、良く食べるな~と思って大量に買ったりすると「もう、飽きたにゃ」となるから注意が必要だ。
最近のヒットは“銀のスプーン”というカリカリ。うちの猫たち好みがバラバラなので、普段通りに買っていたのだが・・・

みんなバックバク食べ始めたもんだから、需要と供給のバランスが崩れてうっかりストックを切らしてしまった。
とくに最近成長著しい(すごくマズいぞ(^^;))ぱせりまで豪快に食べ始めたのが計算外だった。

「みんと、ごめんね。もうないの。明日買ってくるからね」

そうしたら、食いしん坊“みんと”の悲しみ深すぎて・・・うるさいうるさい。
もう、ほんとに悲しそ~うな声で「うにょ~、うにょ~」と鳴き続けるもんだから、罪悪感ビシバシ。

泣き疲れて、(でも、別のカリカリをしぶしぶ食べて)眠ってしまったみんと。

みんと

かわいく寝てるな~と思いきや、食い物の恨みは深かったようで・・・

ぱせり(左)、みんと
ぱせり、みんと

(僕のカリカリ食ったにゃ~。許せないにゃ~。十六文キックだにゃ~)

ぱせり、みんと

(こんなもんじゃ気が晴れないにゃ~。もう一発、三十二文キックだにゃ~)

なんてやってるもんだから、ぱせりが目覚めてしまった。

ぱせり、みんと
「何!?」

ぱせり

「にいちゃん、僕のこと蹴った?」

ぱせり

「こいつか~(怒)」

ぱせり、みんと

「こら~!みんと~(怒)」
「マズいにゃ!ヤバいにゃ!危険だにゃ!」

でっかい袋×5買ってきました。我が家は再び平和です。

p.s.
今日は、みんとも出演させて頂いた(大感謝!)ポスターを入手すべく出動してました。その話は、また後日(^_^)

| | コメント (11) | トラックバック (2)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »