« 不意をつかれた猫 | トップページ | 考える猫 »

2004.02.10

見つめる猫

まお猫さんちのちみた君の瞳の中には小宇宙
うちのみるくの目の中には「遊んで」という文字しかない(^^;)

お嬢ちゃんとか、(幼稚園の)年少さんとか呼ばれているみるくたんは甘えん坊。
力を込めて「ぴー」 そうしないと聞いてもらえないというかのように全身で「ぴー」。
白い毛、ピンクの口、黒いパッキン(唇)。その取り合わせがとても綺麗。つい、何度も鳴かせてしまう

鳴き疲れたみるく。小首をちょっとかしげてじっと見上げる。つぶらな瞳でじっと見上げる。
夜のほうがもっと好き。暗がりでの大きな黒目。
その瞳で見つめられると「何でもしてあげよう」という気になってしまう。

みるく-年少さんの皮をかぶった小悪魔?(笑)
みるく

|

« 不意をつかれた猫 | トップページ | 考える猫 »

猫日記7:みるく」カテゴリの記事

コメント

こんな瞳で見つめられたら・・・
どんな小悪魔だって許しちゃう (*^^*)

投稿: NYAN | 2004.02.10 16:07

トラックバック、ありがとうございましたぁ。
猫の瞳は、本当にモノを言いますよね。
「遊べ~」とか「まんま寄こせ~」とか♪

私も、黒目がちの『夜の目』がお気に入りです。でも、経験によると、この黒目が急にキュっと細くなると、すかさずネコパンチの飛来が!感情の波も目に表れますね、気を付けなくっちゃ(笑)
ところで、みるくさんて、にゃ!じゃなくて「びー」って鳴くんですか?個性的ですね~。

投稿: まお猫 | 2004.02.10 22:37

NYANさん。
そうなんです。まるで魅入られたように、気が付くと頭を撫ぜてたり、おもちゃを振り回したりしている私がいます。
早く寝なきゃいけないのに~(^^;)

まお猫さん。
うちの猫の場合、ネコパンチ直前が瞳孔が開きます。
#あぁ、また、うちの猫は猫道から外れているのか(^^;)
ららなんて、こぼれおちそうな眼が全部真っ黒になって、そりゃかわいい。痛い!

みるくは、「びー」じゃなくて「ぴー」(半濁音)と鳴きます。
子猫の頃は「ぴっきー」って足踏ん張って全身で鳴いてました。
みんと「うにょーうにょー」
かりん「ひゃうあう」
私の耳がおかしい? そう聴こえるんだが(^^;)

投稿: でじゃぶ | 2004.02.11 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7569/181904

この記事へのトラックバック一覧です: 見つめる猫:

« 不意をつかれた猫 | トップページ | 考える猫 »