« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004.01.01

貧相な猫

2002年の春だったろうか。買い物帰りの足元に現れたのは。
身体も小さく、痩せて薄汚れ、間違ってもかわいいとは言えない貧相な顔に、とてもかわいい声。
妻が頭を撫ぜると、目を細めてうれしそう。

その後何度か見かけたが、近くの家で飼われていたのが引越しのとき置いていかれた、近所の人がしばらくはご飯あげてた、今はマンション入り口で人が来るとおねだりしている、ということが分かってきた。

そんなある日、「お腹大きい!」
妻も驚き心を痛めている。

ふと気づくと、マンション内にご飯“らしき”ものやダンボール&毛布が点在している。どうやら何人かの住人もかわいそうに思っているようだ。
いろんな物を食べた形跡があるが、フライドポテトやハンバーガーの包みまで目にするようになって、このままではまずい!と・・・(猫はたまねぎを食べてはいけない)

狭いうちには、凶暴“べる”がいるので保護はできない。
大きなお腹で何度も襲われたりしたら、身体もおかしくなってしまうだろう。
先のことは後で考えることにして、とりあえず、変なものを食べて身体おかしくしないように、猫缶やドライフードをあげることになった。

それからは、朝、夕方、深夜の定期便。(当時、私の帰宅はいつも深夜)
こんなに食べて大丈夫?って位食べ、よく飲む。

最初は持っていったが、そのうち、玄関前、玄関中と食卓が移動していった。
お隣さんもかわいがってくれているようだ。

そんなある夜、帰宅しても姿が見えない。
いつも遠くからキャーキャー鳴きながら駆け寄ってくるのに。夕方も現れず、置いといたご飯もそのままだったらしい。
今まで一度も欠かすことなかったので、何かあったのかと深夜探し回ったが行方知れず。
翌日、ちょっと早めに帰宅した私の足に、後ろから擦り寄ってきた猫のお腹は小さくなっていた。

「生まれたの?!」

一生懸命食べている姿を妻と見ながら一安心。

それからちょうど50日後、おかあさんと4匹の子猫が我が家に仲間入り。
#あまりのかわいさに、帰宅時間も早まった私。(お持ち帰り仕事増えただけだが)

2002.06.30-らら-出産後37日-肉もついて、貧相な猫から薄汚れた猫にLevel Up
らら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.02

壁に猫あり

「な、何っ?!」
ふと見た先には、壁に大きな猫の影。1mはありそうな大猫。
c0312133.jpg

「いったい・・・」
改めてよく見ると、このずんぐりむっくり体型には見覚えが・・・

犯にゃん(?)は、かりん。駐車した車に日光が反射してのことだった。

かりん-1才7ヶ月-安定感なら銀メダル
c0312134.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊満な猫

ある日獣医さんは言った。
「産後は、食べたいだけ食べさせて下さい」
私達はその言葉を忠実に守った。

ららは食べたいだけ食べた。

ある日ふと気付いた。
産後って何時まで・・・?

らら-安定感なら金メダル
らら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.03

はみだし猫

臆病だった“みんと”。
食いしん坊なこともあってか、すくすくすくすく成長した。

成長しすぎて、ついには、家からはみ出すまでになってしまった。

2003.01.03-みんと-7ヶ月-だから無防備過ぎだってば!
みんと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

不機嫌極まりない猫

「にいちゃんの嘘つき!
「後で遊んでくれるっていったじゃないか!

眉間や鼻筋にしわまで寄せて、そんなことを言ってる気がする。

もう遅いから明日遊ぼうと声かけると、くわえたままぶんぶんと振り回し始めた。
「いつも明日っていう!」とでも思っているのだろうか。

肥満対策のひとつに、一日2~3回は思いっきり遊ばせるのも必要だそうだ。
“みんと”もずっしり君になってしまったから、ちゃんと遊ばせなきゃいけない。

あとで遊ぼうな。

#実際のところ、歯がかゆいだけなんじゃないかとも思う。

みんと-後で遊んであげるってば!
みんと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白黒猫の鼻の色

“ねこ”を追ってココログを徘徊していたら、白黒猫の鼻の色はピンクか黒かというでんこさんの記事に遭遇。

[ ねこをひざに乗せながら-でんこの日々雑感: ねこの鼻の色 ]
鼻の周囲は白いのに、鼻の頭(?)だけ黒いんです。
体が白黒で鼻がピンクのねこならば、写真などで良く見かけますが、
(中略)
他の白黒ねこは、どうなんだろう?

うちの白黒猫を見た。

“べる”と“ぱせり”はピンク。
“みんと”と“かりん”はまだらである。

c0308136a.jpg
左から白黒猫の“みんと”と“かりん”
鼻はピンクと黒のまだらである。やっぱり変だよなぁ。

これは鼻の周りの模様の一部なので、でんこさんの猫のように周囲が白で鼻だけ黒というのは珍しいのかもしれない。

ついでに乗っけた一番右は“らら”白黒ベースに鯖虎+茶というよくわからない柄。
ららの鼻は、橙の周囲に黒線。アイラインならぬノーズラインとでもいうんだろうか。

ちなみに、全員口の中は、ピンク&黒のまだら模様である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.04

怒る猫

何か文句を言っているように見えるが、実は違う。

みるくは、お返事ができる猫。
 私:みるくっ
 み:ぴ~っ
 私:みるくっ
 み:ぴ~っ
そうやって撮った写真。

実は、あくびしているところを撮ろうと思い(結局、失敗)、寝ているところを起こしたのだ。

・・・・んっ? あれ? 起こされて怒ってたのか?

みるく-怖い顔でも、とっても優しい猫
みるく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊んでと要求する猫

へろそさんちのももちゃんは可愛くNEKOさんちのまいこさんは脅迫まがいに“遊んで”を要求するそうだ。

うちのべるの場合、くるりんと引っくり返って手をぷらんとするのが定番だ。
どちらかというと可愛い系だと言えるだろう。

ただ、可愛いのはポーズだけ。よく見ると顔は笑っちゃいない。

遊んでいる最中も気を抜いてはいけない。
爪や牙が飛んでくるのだ。
遊びといえども真剣勝負。よそみなんかしてちゃいけないのだ。

べる-その手に何の意味があるのか・・・?
c0206068.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.01.05

子育てに疲れた猫

一家丸ごと保護したあとも、子猫×4の世話で“らら”の気が休まることはない。

「おかあさ~ん、私にミルクちょうだい
「僕にも
「私にも
 :
「おかあさ~ん、私のこときれいにして
「僕も舐めて欲しい
 :
「おかあさ~ん、ちょっと寒い
「私も暖めて
 :
四六時中そんな状態だ。

2002.07.27-らら一家-生後64日-うちの子歴14日
らら一家

そして“らら”は防衛隊長も担っている。
ちょっとでも怪しい事や耳慣れない物音がすると即座に警戒警報を発令するのである。
たちまち子猫達はどこかへ潜り込む。
ららはいつも大変だ。


そんなある日、水を飲んでいたはずのらら。

ふと見ると、爆睡。
これ以上ないってくらい、爆睡。
こんな格好で、爆睡。

らら、お疲れ。たまにはゆっくり眠りなさい。

2002.08.18-らら-ここも寝床にするのかい?
らら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.06

開脚する母猫

ららっ! いったいその格好は何っ!
ちゃんとしなさい。
子供達が真似するようになったらどうするのっ!

猫的に正しい開脚を会得するまでNEKOさんちのこてつさんの元で修行してきなさい!

ららは、よくこの状態で静止している。
もっと早い段階で、言い聞かせておけば良かった。
そうすれば、ららっ子達も・・・

らら-これが手だったら招き猫?
らら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.08

かつてクールビューティといわれた猫

思わず、
「どすこ~い」とか
「ごっつぁんですっ!」
と声をかけたくなるようなポーズを決めているのは“かりん”だ。

開脚する母猫の子供である。
女の子である。

昔は、クールビューティとささやかれた。
やがて、はしたな(い)娘、
そして、この瞬間から“おやじかりん”と呼ばれるようになった。

かりん-女の子なのに・・・困ったもんだ(^^;)
かりん

------2004.12.29追記------
shunさん企画の「Cat Lover Blog gallery2004」に、この写真で参加することにしました。
今年、もう抱っこすることの出来なくなったくーちゃんを、と思ったのですが、残念ながら良い写真がない。それに何かコメント書こうと考えるとまだウルウルしちゃうし。
お気に入りの写真がたくさんあって~なんて言いつつ、例によってのんびりしていたら、もう締め切り間際。「どれか一枚」なら、ねこにゃ!の文字通り看板娘(?)を(^_^)

最後になりましたが、shunさん、楽しい企画ありがとうございます。m(..)m

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.01.09

ほんの今まで遊んでいた猫

“みるく”と“かりん”がトタトタ走り回って遊んでいた。
ふと窓の外を眺める。
いきなりの静寂に気付き、あたりを見回す。
その間わずか30秒。

廊下の真ん中に何か落ちてる。

「えっ、もう寝てるの」

子猫のうちはいきなり寝る。突然寝る。
遊んでいても、部屋から部屋へ移動中、いきなりパタッと倒れてそのまま寝る。
場所も時間もおかまいなし。
#踏んじゃうよ。

みるく-後ろの影が“おやじ”かりん-生後54日-うちの子歴3日と4日の頃
みるく、かりん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.10

猫はこたつで丸くなる?

このところ寒い。隙間風の多い我が家には暖房器具であるエアコン、ファンヒータ、オイルヒータ、コタツ、猫が欠かせない。

べんてんさんのところでぬくぬく過ごされている猫さん達のように、ペット用ホットカーペットも電気膝掛けもない我が家の一番人気は「こたつ」である。

猫達が見当たらないとき、こたつ布団をめくると猫てんこ盛り。
足を暖める隙間などありはしない。冬のこたつは早い者勝ちという厳しい掟は今日も有効。

ある日のこたつ。この手前にファンヒータがあるのでここも人気度(猫気度?)高い。

みんと&ぱせり-ぱせり(右)は丸というより「おむすび」かな?
t_c0312095.jpg

では、こたつ布団をめくってみよう。

かりん&みるく-丸くなってる?
t_c0312092.jpg

「猫はこたつで丸くなる」と歌われたのは、実はこたつに入れてもらえなかった猫なのか?
まさか、毎日こたつでゴロゴロした結果、コロコロに丸くなってしまったうちの猫のこと?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.11

猫の手を貸したい

NON@ねころぐ さんのところで猫の手も借りたいくらいに忙しいそうだ。
ならば、とうちの暇そうな猫達に応援猫を募ったところ、ららが立候補。

らら-はいは~い!私行きま~す。
らら

食事目当てである疑いが強いので、却下しようと思う。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

温厚な猫

猫はかわいいけど引っかかれるからな・・・
猫と暮らしたことのなかった私は、気まぐれで自分勝手、そんな言葉を信じていた。
違うと教えてくれたのがくーちゃん。

くーちゃん

くーちゃんも引越しのときに置き去りにされた猫とのことで、半年位ノラ生活していたらしい。人懐っこい性格で、うちにいつくようになってからも、何軒か遊びに行ってた模様。
#ある日、爪が切られていた(笑)
人ばかりでなく、猫にも穏やか。べるやらら一家の世話も良く焼いてくれて大助かり。

くーちゃんは引っかかない、かまない。どんなに激しく遊んで興奮しても大丈夫。
ときどき間違えて「かぷっ」といったときも、そのまま眼だけこちらをチラッと見て、ゆっくり口を開ける。もちろん傷一つない。そんな仕草も愛らしい。

くーちゃんは、私達が言っていることを理解しているんじゃないかという行動を良くとる。

食卓など、行ってはいけないとこを教えもしないのにわきまえてて食べ物にも手を出さずじっと待ってる。
#その後、べるがいろいろ開拓するもんだから、行ってはいけないところは減っていった(^^;)

妻と喧嘩。仲裁に飛んでくるのはくーちゃん。
妻も私も意地っ張り。くーちゃんがいなければ、今頃ここに妻はいなかったかもしれない。いくら感謝してもし足りない。

くーちゃん。ありがとうね。

くーちゃん&べる

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.01.12

臆病な猫

「みんと、怖いね」「怖いね、ぱせり」
そんな会話でもしているのだろうか。(絶対違うって)

ぱせりはとっても臆病。玄関のチャイムや宅急便のトラックの気配だけで、一瞬のうちに戸を開けて飛び出していく。2階のべるの部屋めがけてまっしぐら。
廊下から階段の180度ターンもばっちりドリフトを決めていく。
#ときどき失敗して下半身からコースアウトしてるが。

そんなんだから、いつもぱせりの心臓はトクトクトクトク。
寿命が縮むんじゃないかと心配。頼むから長生きしてね、ぱせり。

みんと&ぱせり(右)-寒いだけなのか?
c0212116.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.14

立派な尻尾を持つ猫?

まお猫さんちのバンビちゃんのしっぽはとてもとっても愛らしい。
うちを代表して、ららが出動。

らら-しっぽ・・・?
c0306108.jpg

これでも、ちゃんとしたしっぽなんです。
ちゃんと、閉じたり開いたりするんです・・・? ふた?

------
追記:
半年も前のエントリで恐縮してしまうのですが、shunさんちの玉尾祭(ボブテイル求む)。にトラックバックします。
これはボブテイルじゃないよな~?とも思うのですが(^^;)


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.01.15

猫大盛り

みんととぱせりにはさまれて、真ん中で「くの字」(というより「Uの字」)に折れ曲がっているのがみるく。
「く、苦しい」とでも言ってそうに思えるが、みるくはぬくぬく爆睡中。
#前屈すると床に手の届かない私には、この柔らかさがうらやましい。

左からみんと、みるく、ぱせり-なぜに皆さん、せまっくるしいところが好きなの?
c0310131.jpg

#このあと、みるくは、ぱせりとみんとの間に沈んでいって見えなくなっちゃった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

胴が長い猫

レース越しに何を一生懸命に見ているのかと覗き込んだら、すずめ。
いつもお腹をすかせているから・・・(違う)

動くものには興味津々。
そういえば、この頃、思いっきり遊んであげてない。
次の休みにはバトルしような。みんと。

みんと-胴が・・・というより、あし、みじかっ!(笑)
c0306261.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.17

猫てんこ盛り

まだまだ小さかった頃のこと。ちょっと寒いかなって時に部屋を見回すと、あったあった。猫団子。
白黒中心なので、どこが誰の手やら足やらわからないこともある。さて、何匹?

やはり、こうしてみると「ちいちゃくなって、真ん中で寝てみたい」という願望を押さえきれない。
猫達の方を10倍位に巨大化してもらって「猫ベッド」という手もあるが(あるか?)、食事代で破産しそうなので却下。

2002.11.4-左上より時計回りに、ぱせり、みるく、かりん、みんと-生後5ヶ月
c0211006.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こたつが好きな猫

雪だ。出かけなくても良い休日の程よい雪は好きだが、寒い。
ふるかわあきひとさんちのニャンコさんは今日も元気で尻尾が太いそうだ。うらやましい。

我が家は古~い木造。換気効率が最高に良くて外の新鮮な空気がバンバン入ってくる。今日もありったけの暖房器具がフル稼働中。

朝から猫達はそれぞれお気に入りの暖かい場所でぬくぬく寝ている。一番人気はこたつ。
特にこたつが好きな“かりん”は食事以外出てくることはない。それでもずっと入っていると暑くなるのか、ときどき上半身だけ出して冷却している。そんな姿も私のお気に入り。

かりん-寒くなったら、また潜り込む
c0401068.jpg

かわいい。近寄って撫ぜようと伸ばした手が止まる。
かりん! 白目剥いてちゃ怖いじゃないかぁ!(瞬膜なんですが)
c0401070.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.18

見つめる猫

まお猫さんちのおかっぱな、あたち♪に触発されて。

だって、バンビ嬢の後ろ頭があまりにも可愛くて(^o^)

みるく(左)、みんと-視線の先には雀
c0311042.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眠りを妨げられた猫

昨日の雪とはうってかわり今日は柔らかな冬の日差し。ぽかぽかの日差しの中うとうとと眠ってしまったぱせり。

不覚にも伸びきってしまった無防備な姿を私が見逃すはずもない。続けざまに撮られた後「影が邪魔」と障子を閉められてしまった。
いきなり日差しが遮られて目を覚ましたぱせり。
ぐっと私をにらみつけた後(写真)、鳴(泣)きながら奥さんところに駆けていった。
#こういうことしてるから、ぱせりが奥さんべったりになるんだよな(^^;)

ぱせり-僕、筋肉質。贅肉ないよ。八頭身位あるかな?
c0401219.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.19

重要参考猫

半年ほど前。そろそろ暑くなろうかという頃のこと。

妻の悲鳴が聞こえた。続いて「ミンナデテル!」という声も。
発熱して寝ていた私は、何のことか分からないながらも切迫した雰囲気に階下へ急ぐ。

 それよりちょっと前。
 妻は自宅周辺の掃除をしていた。ふと顔を上げると自宅の角から猫が顔を出している。
 (あ~黒白猫~。バットマン柄~かわいい~
 (かりんに似てる~鼻のポツポツも一緒・・・?
 (?・・・えっ? かりん!?
 あわてて窓から覗き込むと、開いた網戸の向こうに猫達が・・・

居間の窓を開けるとすぐのところに同じ高さのブロック塀がある。
その塀の上をらら一家が歩いている。居間に入った私は真っ青。

開いてる窓に近寄っていくと、目が合った。
ぱせり、帰還。(偉い!) 続いて
みるく、帰還。(いいこだね!)

その他3にゃんは、のんきに歩いてる。とりあえず捕まえようと窓から外に出て呼んでみた。
逃げる逃げる。ゆっくり逃げる。ちょうど手が届かない位の間隔で。
困った。臆病なのもいるから脅かすとパニックしてどっかいっちゃう。
拾ったとはいえ現在は完全室内飼い。しかも皆引っ越してから一度も外に出たことがない。
どっかいっちゃったら、戻ってこ(れ)ないかもしれない。

心臓ドキドキの私達。猫達は家と塀の間へ着地。

そして30分経過・・・
らら。「ふんふん、ふんふん」と匂いを嗅ぎながら家を半周。待ち構えていた妻が確保。
かりん。逃げ惑っていたが、そのうち「はむはむ、はむはむ」と雑草を夢中になって食べているところを確保。
みんと。「あご~んあご~ん」鳴きながらうろうろ。塀に飛び乗ったところを羽交い絞め。
安堵。安心。でもまだ心臓はバクバク。熱も上がった。

犯行現場と容疑者-かりん、らら、みるく、ぱせり、みんと
c0303033.jpg

全開していた窓。その網戸を誰かが開けたらしい。くーちゃん、べるは熟睡中。犯にゃんはらら一家の誰かだ。
そういえば、うちには引き戸なら一瞬で開けてしまう奴がいた。しかし、現場を押さえたわけではないし・・・
一応、事情聴取に及んだが完全黙秘。証拠不十分で釈放せざるをえなかった。

翌日、家中の網戸に“網戸ストッパー”が設置されたのは言うまでもない。

重要参考猫-ぱせり
c0305022.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.01.20

食べ過ぎた猫

凶暴でならしたべるも10才過ぎてからは、だいぶんおとなしくなってきた。
以前は「気が入ってない!」と怒りの牙が飛んできたものだが、最近はよそみしながら撫でることも出来るようになってきた。
でも耳は澄ましておこう。口が開く音がしたら一瞬で勝負が決まるからだ。

ちょっとかわいらしく写っているのがべるだ。

べる-うちでは美系に分類している
c0206046.jpg


さて、ほとんど同じ時期(3日後)の全身写真だ・・・詐欺だ・・・

べる-うちではお笑い系に・・・
c0206066.jpg

この写真はこんなの(^^;)に写っているが、実際はもう少しほっそりしている。
べるはよく私の寝床にくる。こんな写真を公開したと言って就寝中に襲われないか心配(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.21

なかよく眠る猫

家の中がぽかぽかなせいだろうか。
ねころぐ猫さんも、むしめづる猫さん++ まやのひとり言 ++猫さんも、みんな寝ている。

猫の寝姿は愛らしい。いらいらした気分もほのぼの気分へと、ときには爆笑へと誘ってくれる。
いつまでも見ていたい・・・けど、仕事行かなきゃな。

2002.8.11-左からぱせり、かりん、みるく-生後79日
ぱせり、かりん、みるく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.01.23

仲間はずれな猫

ららっ子は4にゃんだが、なかよく眠る猫で足りないのは“みんと”

いつも、うにょ~うにょ~ってうるさく鳴くし(子猫時)、お腹空かせてみんなのご飯食べちゃうから仲間はずれにされているのだろうか。
かわいそうに思い見回すと、みっけ!
ひとり寂しそうに寝てました。

2002.7.23-みんと-生後60日-寂しそう・・・か?
みんと
注)実際は「なかよく眠る猫」の20日前の写真です。m(..)m

みんと-あっぷ
みんと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.01.24

安心しすぎた猫

ご飯を食べに来た母猫の落ち着きがなく、時々大きな鳴き声をあげる。
それに答える子猫の鳴き声も聞こえる。母猫はご飯も早々に飛んでいく。

翌日、ベランダから下を見ていた妻が「子猫が1匹しかいない!」
これまで何度か保護を試みてはいた。母猫も協力するのだが、子猫は怯えて逃げちゃって果たせないままだった。

こうなったら、なんとしてでも、1匹だけでも保護しよう。
妻が声をかけると、ちょこちょこ近づいてくる。そっと掴んで胸に抱きかかえる妻。
いままでのことが嘘のようにあっさり確保。

残り3匹の声は聞こえる。母猫と呼び合っているが、どこを捜してもいくら捜しても姿は見えない。マンション住人(一部)の人気者だったから、誰かが保護して連れ帰ったんだろうと私達は結論付けて一旦帰宅。
母猫も連れ帰ったが残りの子供気が気じゃない様子で頻繁に出かては帰ってくる。妻もずっと捜し続けていた。

当日の深夜。隣のお嬢さんが5階に潜んでいた子猫発見!

 出場選手 : 子猫3匹 vs. 母猫+人間×4
 会場   : 5階建てマンション全域。屋上も可
 開始時刻 : 午前零時

走る走る。逃げる逃げる。元気元気。噛む噛む。
最後の1匹を捕まえたのが午前2時。洗濯ネットやバスタオルまで持ち出されては子猫に勝ち目はなく2時間に及ぶバトルは終結した。

4日経過。ららと名づけられた母猫も、もう外に出ることもない。
我が家にらら一家が増設完了。ただいま7匹。

2002.7.17-らら-うちの子歴4日-の~んびり・・・し過ぎじゃない?
c0207023.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.01.25

かつてクールビューティといわれた猫2

“おやじ”と呼ばれてはいても、かりんは女の子である。
身だしなみには猫一倍気をつけているようだ。

今日もつま先のケアに余念がない。

かりん-臭いわ~何か踏んだのかしら~
かりん

かりん-もう大丈夫かしら? まだ臭う気がするわ~
かりん


かりん! お行儀良く・・・
・・・もういいよ。あんたはそういうキャラだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スフィンクスな猫

スフィンクスといっても、毛を刈ってしまったわけではない。座り方だ。
先日、べんてんさんの今日のにゃんこ: スフィンクス座り♪に、「うちで腕を前に出して寝そべるのは、ららとぱせり」だとコメントしたのだが、ららと“みんと”の間違いだった。
が、最近取った写真を整理していたらぱせりもやっていたこと判明。

ぱせり-スフィンクス?上半身だけ
c0401222.jpg

ぱせりは相変わらず迫力がある。それもチンピラではなくボス的な風情を感じる。はっきり言って恐い。
でもそれは見た目だけ。
チャイムでピュー、宅急便のトラックの音でピュー、2Fの暗がりへもぐりこむ。
私とばったりあったときに、キャーって言いながら逃げていったのは哀しかったぜ。

p.s.
なお、ららとみんとの“腕を前に出して”は、スフィンクスというより“ばんざい”だった(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.26

えびぞる猫

“らら”はかなり太めである。これは私達に責任がある。
ららも気にしているのか、寝ながらダイエット体操をはじめたようだ。
すまない。らら。涙ぐましい努力をさせてしまって。

ひょっとして、猫背矯正のほうかもしれない。
だったら、らら。私達に責任はないぞ。

らら-のびしてるんじゃなくて、爆睡中なんです。これ
c0308083.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.28

地球外生命体な猫

このデッサンの狂ったような猫はきれいきれいに夢中なみんと。

みんとは大食い。ご飯時も自分のを食べながら、他の皿の様子を伺っている。
ちょっと食べてすぐ席を外すかりんの皿はいつも餌食だ。
かりんが悲痛な声で「ご飯下さい~」と泣き叫ぶのも毎日の行事。
そうやって成長してきたみんとの体型がちょっと変だと気付いた今日この頃。

みんと-どこかで見たと思ったら、ウルトラマンに出てきた怪獣?
みんと

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.01.29

まんじゅう顔な猫

CATVチューナがすごく発熱するため、ホットスポットとして猫達に好評だ。
いつも誰かしら乗っかっているのだが、なぜかこの上では幅広に見えてしまう。
暖かいと、からだもゆるむのだろうか。
それとも逆鏡餅状態(チューナのほうが格段に小さい)からくる、目の錯覚か?

思いっきり寄って撮ってみた・・・。
あぁ・・・。ゆるんでるだけだった。

みるく-我が家で一番スリムな女の子
みるく

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.30

寝起きの猫

うちの子になって7日目。4にゃんは元気に走り回っていた。
遊び疲れたかりん。テーブルの上で眠っているくーちゃんを見つけた。
寝心地よさそうとでも思ったのか、とことこ走っていってよじ登り、くーちゃんにくっついて寝てしまった。

くーちゃん(上)、かりん-くーちゃんは博愛主義者。
くーちゃん、かりん


ひとねむり、ふたねむり。時が過ぎ、かりん目覚める。目の焦点あわず。

2002.7.20-かりん-生後57日-寝ぼけまなこ
かりん

意識が戻る。自分の隣にまっくろな猫発見してびっくりしたらしい。
「ふーふーふー」いっちょまえに威嚇なんかしてた。
そしてまた、“こてん”と夢の国・・・おやすみ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.31

同心円な猫

小さかった子猫たちもすくすく育ち、いまではみんな“らら”より大きくなった。
でも子供達にとって“らら”はいつまでもお母さんなようだ。
ちょっと寂しいとき、びっくりしたとき、甘えた声を出しながら“らら”に擦り寄っていく。
時には、大きな身体の子供に押し倒されたり、潰されそうになったりすることもある。
でも、ららも子供がかわいいのだろう。頭、身体、ぺろぺろ舐めてぺろぺろ舐められて。
そうして、いつしか眠りに落ちていく。

みんと、らら(右)-ごっつんこ。苦しくないのかい?
c0401153.jpg

[追記]
何の気なしにタイトルつけて後で気付いた。“同心円”ってこういうのじゃない(^^;)
いまさら変えるのもなんですので、このままに。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »